イタリア声楽コンコルソとは・・・

 創始者日本イタリア協会初代会長中川牧三が永年をかけて培ったイタリア音楽界との「信用と絆」を生かし、 トップレベルの声楽の技術を日本に根付かせるために活動を重ねて参りました。
音楽家としての正しい「導」を常に意識し、音楽を愛し本物を追求する精神を重んじ、世界に通じるレベルに育てることを目標にしています。
音楽の基礎、基本、といわれる声楽「歌」技巧の芸術的重要性を広め、正統なベルカントを継承し伝えたいという強い信念を貫いています。

半世紀に亘りコンコルソの入賞者、入選者をはじめ多くの音楽家(声楽のみならず弦やピアノも含む)を、ミラノ・ヴェルディ国立音楽院、シエナ・キジアーナ国立音楽院、 ボローニャ・マルティーニ国立音楽院はじめ、歴史と伝統のある全国各地のイタリア国立音楽院(授業料免除)へ導き留学の途を開いてまいりました。 半世紀をかけたその成果は今、芽を出し、花や実をつけ、彼らのみならず、優秀な弟子や孫弟子、曾孫弟子達が育ってきています。
近年はイタリアへ留学を希望する若者達が急増し、五線譜や鍵盤楽器、バイオリンなどの弦楽器発祥の地ならではの音の響きや感性を重んじるイタリアの教育に魅せられています。 

本コンコルソは、そつのない完成度で
「日本一」を競うというよりも発声の方向性やマテリアルや心の表現を重視し、本場イタリアへ送って大きく育って頂くことに力を注いでまいりました。

本選会の審査は国際水準で行うために、内外一流の演奏家やイタリア国立音楽院総裁や学長、指揮者、演出家等、錚々たる先生方を毎年特別審査員として招聘してまいりました。
イタリア国立音楽院と長年に亘る信頼関係で結ばれてきたコンクールは世界でも他に例はありません。

1930年代、ドイツ、イタリア、アメリカへと留学し、クラシック黄金時代に世界最高峰の音楽の神々と云われた指揮者やバイオリニスト、歌手達から直伝を受け、 バイオリン、指揮、声楽・オペラ・音楽学と、多岐に精通し、古い友情を大切にしたマエストロ・中川の特性が生かされたものと存じます。
皆様のご支援を賜りながら一徹な精神で続けてまいりました本コンコルソは、創始者の使命感と本物志向の精神を引き継いで、昔も今も、そしてこれからも、 音楽を目指す人の「希望の星」であり続けたいと存じます。
今後も直往邁進してまいりますので、かわらぬご理解とご支援ご協力を賜りますよう、ここに謹んでお願いを申しあげます。

Copyright (C) 2010 日本イタリア協会 ASSOCIAZIONE ITALO-GIAPPONESE ALL RIGHTS RESERVED.